CATEGORY

日記

営業先がやる気のなかった時の、3つの対処方法

昨日、今年の四月から新社会人になった友人と会話した。 彼女は四大卒で、インターネット広告系の会社のセールスをしている。 色々積極的に訪問活動をしているそうで、 なんと、もう初受注の兆しがあるそう。 自分の場合は(違う会社だけれども)、半年〜1年年くらいかけて、 パース(立体的な完成予想図のようなもの)をやっと受注したのに 笑 話は脱線したが、 彼女が営業活動をしていくなかで、 「マーケティング担当 […]

有料の講座内容は、どこまでブログで書いていいの?(解決編)

振り返りと整理 このブログで書いていこうと思っているテーマの一つに 「株式投資」がある。 性格的に、やるからにはしっかり学んでから、 取り組みたいため、 株式投資もファイナンシャルアカデミーさんで学んでいる。 ※自分は不動産投資もこちらで学んでから取り組み始めている。 そして、いざブログで綴っていこうと思った時、 疑問が湧いた。 「有料の講座内容は、どこまでブログで書いていいの?」と。 疑問の詳細 […]

休むときは、徹底して休む

本日は、日記として。 おそらくブログを開設してから、 初めて「日記」として記事を書く。 内容としては、この週末に起こったことを書くが、 その前に「日記」の定義について一度整理したいと思う。 このブログでの日記の定義は? 辞書で「日記」と調べてみると、 「日々の出来事や感想などを一日ごとに日付を添えて、 当日またはそれに近い時点で記した記録。」 と出てくる。 が、色々考えた結果、このブログでの「日記 […]

サボってわかった、ブログ継続に関する3つのこと

2018年4月13日にポストした記事ですが、 2018年5月24日にデザインを編集しました。 2018年3月31日からブログを始めて、 もう直ぐ二週間が経とうとしている。 「毎日記事更新!」を目標として頑張っているが、 疲れが限界で2回ほどサボってしまった、、、。 サボって、気が付いたことがあるので、 本日はそれを書こうと思う。 毎日書くほうが、 一つの記事に対してのハードルが下がる 「毎日やる! […]

「Sakino」ロゴ完成しました

2018年4月12日にポストした記事ですが、 2018年6月19日に「About Sakino」のリンクを追加しました。 プロのデザイナーさんに制作をお願いしていた、 このブログのロゴが、本日やっと完成した。 今回は、「coconala」さんのサービスを利用し デザイナーさんを探し、ロゴを作成した。 今回は、「sixamo」さんが依頼を引き受けてくれた。 スピードも早く、変更についも無制限で対応し […]

有料の講座内容は、どこまでブログで書いていいの?(疑問編)

これから本格的に取り組み予定の「株式投資」についても、 このブログで綴っていこうと思う。 株式投資については、 2〜3年前に一番最初に取り組もうとした「投資」である。 でも、実は挫折した。 当時挫折した理由 そもそも投資する余剰資金がない 1単位でも100万円を超えるような銘柄もざらにあり、 とてもじゃないが、用意できなかった。 また、捻出した資金がなけなしの資金だったため、 精神的余裕を担保でき […]

Amazon affiliateの審査に落ちた

1週間ほど前の出来事だが同時期にブログを始めた友人が、 ブログ記事内で本を紹介しており、 さらさらとAmazonのアフィリエイトリンクを貼り付けていた。 「『Amazon アフィリエイト』でググればすぐできるよ」とのこと。 早速自分も検索し、該当ページへたどり着いた。 右上の「無料アカウントを作成する」ボタンを押し、 フォーマット通りに進んでいくと、簡単に登録を完了することができた。 「あれ、こん […]

日常でのヒントは、ヒントの顔をしていない

全くの個人的なことだが、 「一つ一つの棚が正方形の本棚」 が欲しくニトリでオーダーメイドで購入した。 (正方形の本棚が欲しい理由は、 山口周さんの『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』 に影響されてなのだが、 それについてはまた別に記事で紹介します) 発注した後に気がついたのだが、 自分の部屋は玄関を入ってから、 すぐ直角に曲がっており、 高さが200㎝ある本棚は、 何をどうあがいて […]

拝啓、新社会人のみなさまへ

2018年4月1日。新しい年度の幕開け。本日は日曜日だったため、多くの新社会人の方は明日が初出社になるだろう。おそらく、不安と期待が入り混じった状態かな。本日で社会人5年目になる自分の当時は「不安:期待=1:9」という、とにかく早く働きたい学生だった。 (早く働きたかったのは、学生より社会人の方がたくさん稼げてたくさん遊べると思ったからだが、詳細はまた別途) 4年間働いてみて、思ったことは「高校生 […]