昨日の自分よりも、一歩でも先へ

Sakinoとは

昨日の自分には負けない(少しでもいいから前進する)
これが、サイトのテーマ。

それを13文字以内になるように並べ替え、
先に進む。昨日の自分より。」というコピーに。

「先=saki」と「昨日=kinou」、それぞれの頭文字をとって、
「saki-kino」とし、語呂をまとめて「Sakino」に。

誰にも縛られない、「自分の人生」を生きるために、日々頑張っており、
取り組み過程で得た情報を発信していく。

ロゴに込めた思い

二重螺旋

二重螺旋の意味は
・片側が「行動、挑戦
・もう一方が「失敗、障壁」。

Sakinoの由来の「少しでも前へ」を実践し、
目標達成のため行動や挑戦をすると絶対に失敗や障壁が出てくる

挑戦・前進は「行動と失敗が表裏一体」。
(行動すると絶対失敗するという意味ではない)

だからこそ、失敗や挫折を恐れず、挑戦しよう。

螺旋

螺旋階段は登っている間は、
ひたすら同じとろを歩いている感覚になる。

しかし、いざ下(挑戦だとすると過去)を振り返って見ると、
始めたところとは全然違うステージに上がっている

螺旋を使って劇的な変化はないとしても、
日々の少しずつの前進が最重要」を表現している。

上部の階段デザイン

螺旋の上部は、「これから形作っていく未来」をイメージでして、螺旋階段に。

ブログ理念

羅針盤と地図

ブログ理念を掲載しようと思った理由は、
常々、企業理念や人生理念は重要」と言っているにもかかわらず、
このブログで理念を掲げていなかったから。

理念(ビジョン、目的、ゴール)がないままに、
立ち位置が不明確なままに、
運営していくと軸がブレし、読者の方にとっても分かりづらい。

スタンスは投資家として

現在、不動産投資のスキルアップや知識を深めるために
売買仲介の会社に所属している。

ただし、「自分の立ち位置がどちらなのか?」と言われたら、
即答で「投資家」。あくまで軸足は投資家として

客観的視点を忘れずに

不動産投資は、手法や流派が本当にたくさんある。
また、個別性が特段強い。

公表されている成果には、
隠れた枕詞として「この物件だからできた」、「この属性だからできた」
がつくことが多い。

自分の体験は、常に「主観」のメガネを掛けた解釈だが、
このブログでアップする情報や意見は、
偏りを防ぎ客観的な視点のもと書くように意識をする

不動産投資をする人に間違った方向に努力をしてほしくないし、
早く成果を出して、各々の目的を達成してほしいから。

利己目的の運営はしない

よくあるのが、不動産業者やブローカーなどが
自分の都合の良い情報だけを掲載するもの。

これは、たいてい自分の売りたい商品が先にあり、
そこまでの動線として運営している。

本ブログは自分が取り組んでいることを
ありのままに公表するスタンスを取る。

利己的な目的では運営しない。

最近の記事

  1. 「俺、一体いつまで全力で走れば良いんだ?」とふと思ったことが…
  2. 営業で継続訪問がうまくいかない時に考えてほしい1つのこと…
  3. 10月からの西武信用金庫さんの情勢…
  4. 100億円以上の融資を扱っている僕が、自分の物件の金利を気に…
  5. これさえあれば誰でもできる!融資打診の台本…
  6. 融資付けを自分でしたほうが良い3つの理由…
  7. 【書評】さらば大樹の陰
  8. 意識するだけで融資承認が変わる、本部決裁と支店決裁の違い…