オフィス

レンタルオフィスを選ぶポイント

先日の記事で「法人設立が簡単」と言う話をした。
法人を設立しようとすると、
「登記場所」が必要になる。
自宅へ登記をしても全く問題ないが、
・プライベートと切り分ける
・みんなが知っている住所にしたい
などのニーズで、レンタルオフィスでの登記を使う事業家も多い。

レンタルオフィス(バーチャルオフィス)は
費用や設備など色々種類があるが、
ここでは
・自分が使っているオフィス
・今後使用予定のオフィス
・使っていないが気に入っているオフィス
を紹介する。

自分が使っているオフィス

アントレサロン
アントレサロントップページのスクショ

東京、銀座、新宿、池袋、横浜、川崎、桜木町など
主要都市にオフィスを構えている。
バーチャルオフィス、フリーデスク、個室と3つプランがあり、
自分はバーチャルオフィスを使っている。
バーチャルオフィスは、月額3,800円(税別)。

激安と言うわけではないが、事業規模もあり
多数の拠点を展開しているため、安心感はある。
交流会や、登録している法人同士がマッチングする施策なども積極的に行なっている。

今後使用予定のオフィス

バーチャルオフィスJP
バーチャルオフィスJPのスクショ

こちらは、個人で受ける仕事の資産管理会社として、
設立中の法人で使用させてもらう予定。
住所は、品川区と墨田区の二つを選べる。
費用は、最安値で月額480円(税込)。
※ただし、年額の一括支払いが必要

とにかく費用が安いので、
「住所を借りたいだけ」というニーズであれば、ここで十分だろう。
郵便物の転送サービスもついてくる。
※2018年4月21日時点

使っていないが気に入っているオフィス

「Creative Lounge MOV」
MOVの写真

渋谷のヒカリエ8Fに入っているコワーキングスペース。
アクセスや内装がとてもいいが、
人気のため、あまり空きはない様子。
あとは、一番安い料金プランでも
月額14,000円(税込)〜と、
登記のニーズだと、少しお高い。

渋谷|PoRTAL (ポータル)
渋谷ポータルのスクショ

知り合いの起業家二人が登記しており、
紹介してもらった渋谷のコワーキングスペース。

置いてある机や椅子がバラバラの仕様なのだが、
俯瞰してみるとそれがとても調和されており、
いい雰囲気となっている。
最安値の月額が、6,000円(税別)〜。
自分のニーズからすると、高い費用だったのでこちらも見送った。
が、オフィスでの作業時間が長くなる様な仕事であれば、
おそらくこちらにお世話になっていたと思う。

選ぶポイント

現在東京都内だけでも、
両手で足りないくらいのバーチャルオフィスの事業者さんがある。
この記事で紹介したオフィスは、
自分が探している時に実際に検討したオフィスだが、
いざ最終決定しようとすると、どこも素敵なため迷ってしまう。

そこで選ぶポイントになるのは、
「そもそもの目的に立ち返る」
と言うこと。
おしゃれなオフィスには惹かれたが、
「自分の場合は、自宅以外に登記する場所が必要」ということが目的だった。
そのため、「内装がおしゃれ」などの要素は必要なく
コストが最小限に抑えられるバーチャルオフィスを選択した。

法人を登記する事業家である以上、
やはり、数字に向き合うことは大切だと思う。
法人を登記して1年ほど経つが、
オフィスを利用して、仕事をしたことはまだない。
(バーチャルプランでも、料金を支払えばオフィスを使うことは可能)

たくさんのオフィスを網羅した比較記事を
書いてくれているブロガーさんもいるので、
本格的に検討する際は、
そちらの記事も参照してほしい。
この記事がこれから登記をする人に少しでも参考になれば幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。