打ち合わせをする人々

4月からの大光銀行さんの融資姿勢

2018年4月9日にアップした記事ですが、
2018年8月17日にデザイン変更しました。

経験のある不動産投資家の間では有名な、「大光銀行」。
新潟県長岡市に本拠地を置く、新潟の第二地銀である。

自分も、現在の会社へ入るまで全く聞いたことがない銀行だったが、
こちらがなかなか融資を出す。
現在の市況では、投資家にとって非常に心強い金融機関。

得意としているのは、首都圏の新築の木造。
だが、4月(新年度)に入って各金融機関の姿勢が変わる中、
こちらはどうなのだろうか。

大光銀行はあまり変化なし、、?

結論から言うと、融資姿勢は全く変わっていないとのこと。
(支店によるばらつきはある)

本部からの指摘が厳しくなったりなどは?と言う質問についても、
「ほぼ変わりなし」とのこと。

つまり、従来通り首都圏の新築木造であれば、
・年数:30年
・金利:2.0% ※条件によっては、下げられる可能性あり
で融資を組むことができる。

気になる融資条件は?

ただし、もちろん誰でも無条件に融資が引けるわけではない。
各支店によって詳細な条件は異なるが、

・50歳未満
・年収が1,000万円以上(切ったとしても、900万円台後半)
・法人での購入(連帯保証2名。1名の場合は経営者保険)

が、必須条件となる。

首都圏の支店

首都圏の支店は、
・東京支店
・横浜支店
・川口支店
・大宮支店
・上尾支店
・桶川支店
・鴻巣支店
・前橋支店
の8支店である。

基本的に、金融機関は支店ごとに目標に対しての戦略を練っているため、
細かい融資条件は問い合わせてみるしか、調べようがない。

ただ、現在融資をしてくれる数少ない金融機関のうちの一つなため、
時間をとってヒアリングしてみる価値は十分あるだろう。

関連記事

大光銀行に関する記事です。
こちらもどうぞ。

【融資情報】大光銀行

[clink url=”https://sakino-blog.com/laon-information-of-taiko-bank/”]

大光銀行に金融庁の調査が入って何が変わったか

[clink url=”https://sakino-blog.com/what-has-changed-since-the-financial-services-agencys-investigation-entered/”]