結果が出ない人の特徴 -まず何をするべきか-

誰もが、
成果を出したい、
幸せになりたい、

って、思っているよなーと
先日ふと、
漠然と思いまして。

それなのに、

なんで結果を出している人と、
出していない人に
こんなにも差ができるんだろうと。

理由はいろいろ考えられますが、
その一つに、
「行動するかどうか」

ってあると思います。
(行動しないと、
何も始まらないですからね 笑)

でも、行動しているけど、
全然結果が出ない人も、
たくさん知っています。

では、なんで行動しているけど、
そういう人は結果が出ないのか?

今日はそんなことについて
書いて行きます。

成功するためには、何から着手するべきか

CHESS

何から着手するべきか?
自分の持論は、

お金がより増えることから

です。

確実にこれ 笑

なぜなら、
「使えるお金が増える」
「資産が増える」

など、お金についての
自分のステージが上がると、

確実に
「選択肢の幅」
が広がるからです。

それと同時に、
付き合う人の層も
変わってきます。

よく、
「身近な人の5人の平均が
自分の収入を決める」

といいますが、
経験上、これは事実
だと感じています。

だから、
収入が増えると、
人脈も変わってきます。

付き合う人の層が変わると、
これまたできることの幅が
全然変わってきます。

だからこそ、
お金の問題を、
真っ先に解決するべきです。

そのやりたいことは、「まずやるべきことなのか」

CHESS

周りの友人などを見ていて、
本当によく思うのが、

それ、人生の後半戦で良くない!?

ということ笑

もうね、本当にもったいないなー!!
と思います。

100万円当たった宝くじを
換金しないくらい、
もったいないと思います 笑

例えばですが、
講師業をやりたいと
思っている人がいて、

なのに、
各種SNSに力を
入れようとしている

とか。
だったら、

講師業で生計を立てている人に
話を聞きに行ったり
したほうがいいなとか。

後は、ライブやったり、
イベントやったり
演劇やったりしている人は、

早く自分のステージを上げて、

その後に
それらのことに取り組んだほうが、
結果として早いのに!

って思います。
前述したように、

自分のステージが上がれば、
お金のステージも上がり、
人脈のステージも上がります。

影響力のない状態の自分が、
頑張って集客するより、

「この人が一声かければ、
100人動く」ってい人に、

拡散手伝ってもらった方が、
遥かに効果的です。

そういうことを
思うと、

「あぁ、やるべきはそれじゃない。。。!」

って思うことが多々あります。

成功は自分の常識の外にある

割れた鏡

もし、今の自分が、
「自分が描いている理想と違う」

のであれば、
(ちょっと厳しい言い方ですが)

「過去の選択が違った」
ということですよね。

選択を間違えていなければ、
きっと、すでに理想は達成しているはずなので。

では、「その選択は、
どうやって決まったのか」
って、疑問に思いません?

いろいろ理由はありそうですが、
その一つに、

「自分の中の常識」が
あると思っています。

自分の常識によって、選択され、
その選択が間違っているから、
理想とは異なるところにいる、

という流れですね。

だから、つまり
何が言いたいかというと、

成功は自分の常識の外にある

ということです。

これがまた、
少々厄介ではありますけどね。

どうしても、
今までと同じ選択をしている方が、
心地が良いので、

自分の常識から
外れる選択が
「したくてもできない」

ことが多々あります。

すでに経験した人や、
分かっている人からすると、
「もったいない!」

と思うのですが、
本人はどうしてもブレーキが
かかってしまうんですよね。

過去に何度も見てきていますが 笑

自分は、不動産投資家なので、
ちょっとだけ慣れているだけ
だと思いますが。

関連記事:自分は投資家だから はこちら

さいごに

way

本日はメンタル系の
記事を書いてみました。

まとめると、
やるべきことを先にやりましょう!
っていう、

ありきたりなことに
なりますが 笑

この記事を書いたのは、
見ていてもったいないなー
と思うことが、

最近たくさん
起こったからなんですよね 笑

それやりたいなら、
進む方向性はそっちじゃない!
って思うことが。

なんかを達成するのであれば、
お金のステージを上げることが、
最速です。

投資に使えるお金も、
その分増えますしね。

そして、
これは自分自身にも言える
だなーと思いならが、

記事を書いています。
自分も知らず知らずのうちに

回り道をしていることって、
たくさんあるので。

幸せを追求できるよう、
頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。