天使と悪魔

その情報商材、本物か詐欺か、、、?

またもや友人の相談に対して。
もとからいろいろと積極的に活動しており、
自分でイベントなんかを立ち上げたりするその友人。

現状からの脱却と、さらなるレベルアップのために、
あるコミュニティに入るか迷っているとのこと。

お金が絡むと、多かれ少なかれどうしても「怪しさ」が拭えないもの。
自分もいろいろ情報商材を買ってきたので、
買う際に気にしていることについて記事書きます。

少しでも参考になればいいなと。


結論:最後はえいや!

崖の上で助走する男性

自分のことを知っている人であれば、
「いや、不動産投資じゃないんだから、、、!」とツッコミが入りそう。
ただ、正直に言うと、本当に最後の決断は「えいや!」と行くしかない。

今いるところからジャンプしようとすれば(リターンを得ようとすれば)、
助走をして(リスクをとる)思い切って踏み切るしかない。
その先にちゃんと着地できるか?は飛んでみないとわからない。

リターンが100%保証されていて、リスクが最小限のものは、
その分リターンが少なくなる。
リスクとリターンは常に「=」の等式になる。

何か大きい成果を得たいのであれば、
その分助走してリスクを取るしかない。
どんなに見極めようとしても、全部が全部はわからない。

とはいえ、リスクを最小限にする方法はある。
下記にいつも自分が買う時に気にしていることを。

詐欺かどうかの見極め方  〜一番大事にしていること〜

僕が一番大事にしていることは、

「その時の自分の全知全能を尽くして、言っていることが筋が通っているか判断する」

ということ。
ちょっと定性的だけど。

セールスレターや、その講師が言っていることが
自分の軸にあっているか?
冷静に判断してまともなことを言っているのか?を真剣に考える。

主に感じ取っているのは
・言っている内容
・熱意
・服装
の3かな。

その時の自分が思いっきり研ぎ澄ました感性で判断して、
結果が違ったのだとしたら、「その時回避するのはもう無理だった」と諦めることにしている。
そして、どこをどう間違えたのか?のPDCAを回そうと。

冒頭の結論に戻って、やっぱり最後はえいや!なのです。

詐欺かどうかの見極め方  〜その他テクニック的なこと〜

受講者、生徒さんの実績が出ているかどうか?

これ、非常に大事。

「名プレイヤー、名監督にあらず」という格言があるように、
「自分が成果を出す」のと「教えて相手に成果を出せさせる」は、
全然違う能力

サッカー選手のメッシに、
「どうやったらゴール決まりますか?」と聞いて、
「いや、蹴ったら入るでしょ」的な回答が来たら、こちらはお手上げである。

教えてもらっている、全くその稼ぎ方をしたことがない人が、
どの程度実績を出せているのか?はとても重要な指標である。

ただし、実績画像なんて一瞬で作れる

この理由があるから、冒頭の結論に集約されるのだが。

よくある、「月収***万円の実績!」などの画像。
※流用できる画像がなかったので掲載できず、すみません

セールスレターやランディングページに絶対掲載してある、その画像。
もちろん信憑性アップのために掲載してるのだが、、、。

現代の画像編集技術があれば、瞬殺で作れてしまう。
だから、自分は参考程度にしか信じない。

とはいえ、なんとなく感覚としては、
自分が目にしている70%くらいのものは実際のキャプチャかな?とは思う。
が、騙そうと思えば、やはり造作も無いことである。

なので、「最後は自分を信じてえいや!」になる。

再現性があるか?

上記、「実績が出せているか?」に関連するが。

例えば「仮想通貨のICOで儲けましょう!」みたいな内容であったら、
全然再現性がない。
「いやいや、その時だからこそ成功しただけでしょ」と。

技術革新などが起きて今までの手法が使えなくなるなどの理由であれば
まだ仕方がないが、
一時的な時代の流行りに乗っての稼ぎ方の情報商材であれば、それは危険である。

稼ぎ方を公開しているか?
稼ぎ方が具体的か?

これも重要。

良くも悪くも、情報商材を販売している方々の
・セールス力
・コピーライト力
・マーケティング力
は優れている。

だからこそ、それでご飯が食べられているのだろう。
なので、一度その世界観にはまると、とてもその気になる
ただ、一度冷静になって、

「自分が教わるのはどういう手法の稼ぎ方なのか?」

を見極めて欲しい。
仮に、実際にやることが「株式投資」であることがわかれば、
もっと自分にあった別にコミュニティや商材を探すことも可能なわけである。

「入ってみて蓋を開けてみれば、実際に取り組むことはマルチレベルマーケティングだった!」
といって、脱却した友人もいる。
※マルチレベルマーケティングが悪いとは言っていない。

その人の主な収入源はセミナー料金だったりする

ちなみに、とても上手にプレゼンをしているその人の収入源は
セミナー料金だったりすることもある。

生徒さんには「株式投資の方法」を売っているが、
講師自身はそこまで株式投資の実績や運用能力はなく、
収入ポートフォリオはセールスを仕掛けるセミナーだったり。

または、そのセミナーのあとに出てくる
高額コンサルとか。

「収入源で一番多いのはなんですか?」と、
ストレートに聞いてみるのもありだと思う。

買った後はどうするか?

本記事の主題とは少しずれるが、、、。
諸々判断して、えいや!で飛び込んだとする。
その後の話。

それは、「全力で元本回収する!」ということ。

経験上、しっかりと取り組めば本当に稼げる内容が多い。
けれども、ほとんどの人はなんやかんや言い訳を付けて、やりきれない。
※気持ちはとてもわかります。

なので、買ったからには「元を取らなきゃ損!」と言い聞かせ、
全力で頑張って見て欲しい。
きっと、あなたの血肉になる。

なぜこういうことを言うかと言うと、
自分は「買って満足」の商品がいっぱいあるから。
いやー、もったいない!笑

なんやかんやで「日常の引力」に負けて、
フォルダに入ったまんまの物が多い多い。

もしも、完全に詐欺だったら

完全に詐欺で入金してみて商材も何も送られてこず、
電話もつながらず、警察も動けなかったとしたら。
(たいてい警察は効果を発揮しない)

まずは、諦めてください 笑
それはもう、仕方がない。

ただ、ひとしきり落ち込んだら、
・自分がどういう動線で情報を知ったか?(何きっかけ?)
・当初買うつもりのなかった自分がなぜ購入まで至ったか?
・どういう文章を書いていたか?
・どういうタイミングで情報が送られてきたか?
・最後の決め手は何だったのか?
など、冷静に分析して欲しい。

いろいろ見極めたあなたが騙されたということは、
騙した相手には「騙せるだけの能力があった」ということ。
どんなに騙したくても、明らかに怪しい人だったら、人は騙されない。

何が起きたとしても、そこから盗めるものはある。
せめてそれは全力で盗んで、少しでも回収してもらいたい。

工藤式 諦め方

自分はもし騙されたら、
「『数十万円で飲み会で笑いを取れるネタを買った』と思おう」
と決めている笑

そのときに30万円払うのか、100万円払うのかわからないが、
「100万円払って送られてきたリンクが機能しなかった」なんてことが起こったら、
めっちゃ面白くないですか?笑

絶対、「うわ、それやば!笑」と笑いが取れる。
それを念じて、いつもえいや!で買っている。
ただ、幸いまだ失敗はない。


余談:自分が買ってきた情報商材

ご参考までに、自分が買ってきた情報商材をご紹介。
幸いにも自分は騙されたことがなく、
買ったものはどれもレベルが高かった。

①ブログの教材

これが人生で初めて買った高額の情報商材。
確か17万円くらい。
本当にドキドキした 笑

購入して、購入完了ページに飛び、
URLをクリックするのだが、
教材が正常にダウンロードされるまでドキドキが止まらなかった。

②自己アフィリの教材

これも中身はしっかり入っているものだった。
1ヶ月で10万円稼ぎましょうという趣旨の教材。
稼ぎ方は自己アフィリでのセルフバック。

ポチポチやっていたら本当に稼げた。
「あ、本当に稼げんのね」と思ったことを今でも覚えている。

③自己アフィリの教材のバックエンド

②の教材を販売している方のバックエンド商品
(最初に買うものより、もっと高額な商品)

これは、WEBを使って販売先のリストを集めて
メルマガを使いコンサルを売っていくというもの。

ステップメールの使い方やブランディングなど
非常に勉強になることが多かった。
ただ、レベルが高く、後回しにしてしまい自分の中でお蔵入りしている。

④恋愛系商材
(デートの戦略的な)

これは、価格が3万円位と安かったこともあり、
あまり抵抗なく買ってしまった。

今まで恋愛系の商材は興味がなかったが、
どういう手法を確立しているのか?が気になったことと、
実際にレベルアップしたらいいな、という動機で購入。

そこに記載のある方法の一部を感覚的に自分が使っており、
「よしよし!」とこっそり思っていたりした。

ネット経由で購入したのはこれくらい

対面でセールスされて、購入したものはこれ以外にもたくさんあるが、
書ききれないので、、、。

ネットだけで情報をとって、
「もしかしたら詐欺かも、、、」と不安になりながら購入したのは、これくらい。
どれも、上記記載のように、神経研ぎ澄まして判断して買ったもの。

最後に

以上、自分なりの見極め方。
今「これを買おうかな」と迷っている人の参考になれば嬉しいです。

その一歩には価値がある

太陽と青空と雲

商材を買おうと思って迷っているということは、
おそらく現状に何かしらの不満があり、
それを脱却したいという思いがあるだろう。

僕は、「頑張って一歩踏み出そうとしていること」は
とても価値があると思う。
どうか、その勇気を今後も大事にして欲しい。

もし、買ったものが失敗だったとしても、
それはその勇気が間違っていたのではなく、
選び方が間違っていただけ。

大いなるチャレンジをしたことは
とてもとても素晴らしい。
その投資・意思決定が良いものになることを祈っております。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。