Googleが表示されているパソコン

誰でもできるGoogle+ブランドページの作り方

 

2018年5月5日にアップした記事ですが、
2018年12月3日にアイキャッチ変更と
記事デザインを編集しました。

ブログを始めると各種SNSのアカウントを作成することが多い。
代表的なのはfacebookページ。
個人の実名でブログを始める人は、
今まで使っていたページでも使えるが、
ペンネームを使っている人や、
実名でも新しくページを作る人もいるだろう。

次に多いのがtwitterかな。
こちらはfacebookと異なり実名しばりはなく
アカウントが作成できる。


意外と苦戦したGoogle+

facebookとtwitter、
この二つは、ページ作成は比較的簡単なのだが、
Google+のページ作成が意外とわかりづらかった。
ちょっと苦戦したので、
設定方法をまとめておこうかと。

これから、開設する人の役に立てば幸いです。

まずはGoogleアカウントを作成しよう

Googleアカウントを持っていない人は、
まずはGoogleアカウントを作成しよう。

Googleアカウントの作成は、
Google アカウントの作成 – Google Accounts
こちらページから。
この内容は特に難しいものはないので、
指示通り進めば作成できる。

Google+ブランドページ作成

一口にGoogle+と言っても、
個人のアカウントのGoogle+のページとは別に
「ブランドアカウントでのGoogle+のページ」がある。

今回はブランドアカウントのページ作成を見ていく。
Googleが公式に説明をするページを設けてくれている。
ページはこちら

下の方にある
「Google+ ページを所有する新しいブランド アカウントを作成する」
が該当箇所。
説明はこのように書かれている。

Google+説明ページ

該当ボタンが見つからない!

1.のページを開くところまでは簡単なのだが、
2.ブランドをクリックする で、自分はとても苦戦した。

なぜなら、クリックずるべき「ブランド」ボタンがさっぱり見当たらないからだ。
ちなみに、1.で開いたページはこちら。
⇩ ⇩ ⇩

Google+スクショ

※個人情報がわかりそうな
プロフィール画像は
塗りつぶし
で消しています。

ぱっと見でわかるだろうか!?
自分はさっぱりわからず、1時間ほどさまよった、、、。
説明には「クリックする」と書いてあるので、
無意識的に

Google+新規投稿ボタン

こんな新規作成ボタンや

Google+ホームボタン

みたいな、赤字のボタンを探していた。
なので、本当にさっぱりわからず、
「参ったなこれ、、、」状態だった。


やっと見つけた「ブランド」ボタン

オチとしては、Googleの説明通り、
先ほどの画像の中に該当ボタンはあった。
それがこちら!

ブランドボタン赤枠 スクショ

確かに、左下に「ブランド」の文字が。
「いや、ここクリックできるところなのかい、、、!」
と思わず唸ってしまった。

拡大すると、こんな感じ。

ブランドボタン拡大スクショ

WEBページの一番下にある、
「コピーライト」
などの情報が書いてあるのかと思っていた。

こちらの思い込みと言えばそれまでなのだが。

「ブランド」ボタンを押せば
後は流れるように作成可能

ブランドボタンをおしたら、
待ちに待ったブランドアカウントの作成ページへ飛べる。

Google+ブランドページトップ
※この画像をクリックしてもらっても飛べます。

左側中央にある、
「GOOGLE+ページを作成」を押すと
ブランドアカウント名が入力できるようになる。

ブランド名入力ページ

作成したいブランドページ名を入力して、
ついに完成!

「アカウント情報編集」で
情報を追加して、100%完了

ブランドアカウント名を入力すると
すぐにホーム画面へ飛ばされてしまう。

自分のサイトのURLなどを追加しておきたいので、
「アカウント情報の編集」で追加していこう。

まずは、ホーム画面の右上の自分のアイコンをクリック。
(右上の赤い囲みの部分)

クリックすると、下記画像が出てくるので、
「アカウントを管理」をクリック。

ここまでくると、
「アカウント情報を編集」がクリックできる。

プロフィール編集2

クリックすると、編集ページに。

ブランドアカウントプロフィール情報ページ

自分の場合は、追加できる情報を全てアップしてしまったため、
Google+新規投稿ボタンマークは出てこないが、
作成当初はクリックできるので、
一つずつ追加していく。

これで、ようやくGoogle+のブランドページが完成!
お疲れ様でした。

さいごに

自分の場合は、
「ブランド」ボタンを見つけるのに本当に苦労した、、、。

全く苦労しなくてもいい部分だと思うので、
これから作成される方がこのページを見て、
サクッと作成いただければ嬉しいです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。