【2019年】今年こそはチャンスをつかみたいと思う人へ

2019年が始まりましたね。
明けまして、おめでとうございます。

個人的には年末年始はあまり意識しないのですが、
世の中の流れに乗って、
2018年を振り返ってみたりしました。

2018年の振り返り記事はこちら

そこで思ったこと。

チャンスはチャンスの顔していない

ってこと。
いやー、困るー笑
振り返ってみると分かるんですけどね。

今日は、これから先のチャンスをどうしたら掴めるか?
について、書いていこうと思います。
よろしくどうぞ。

結論から読みたい方は、
「まとめ」を先に読んでみてください。

前提:チャンスかどうか?はその時は分からない

女性の後姿

まず、大前提ですが、
それがチャンスかどうか?は、
その時はわかりません。

分かる人もいるのかなー?中には。
僕は全然わかりません 笑

あ、恋愛とかは例外ですかね。
本当に運命の人に会うと、

「電撃が走ったみたい♡」
になるって言いますもんね。

僕は感電したことがないので、
分からないですが。
(そういうことじゃない、多分)

話を戻しますね。

つい先日まで年末だったので、
2018年を振り返ってみました。

膨大なので、別記事にまとめました。
良ければ見てみてください。

ブログ歴で、過去最多文字量の、
7,000字超えになっちゃいましたけど笑

[関連記事]
【2018年】振り返ってみる -いやー、動いた動いた-
こちら>>

まとめると、2018年のトピックスはこんな感じ。

[2018年トピックス]

03月:会社員時代、だいぶ焦ったトラブル発生

04月:ブログ開始、講師業と出会い

06月:会社員を辞める決断、出版挑戦

07月:会社やめる

08月:異世界 メルマガ大学参加 (メルマガ大学の説明はこちら

09月:デトックス挑戦

10月:メルマガ読者リスト獲得キャンペーン

11月:デトックスと健康について本格的に勉強開始

12月:講師業本格スタート

思ったより、動いていたなーという印象。

この中で、
自分の人生の影響度合いが高いもの
(というより、きっかけになったものかな)

を選別して見ると、
こういう感じ。

[インパクトが大きいトピックス]

03月:会社員時代、だいぶ焦ったトラブル発生

04月:講師業と出会い

08月:異世界 メルマガ大学参加

09月:デトックス挑戦

振り返ると、
確かにあれがきっかけだったなーと
思いますが、

その時に思った感情は、
全然違うものなんですよねー笑

上のトピックスに感情を付け加えると、
こうなります。

[インパクトが大きいトピックス]+感想

03月:会社員時代、だいぶ焦ったトラブル発生

まじで逃げたい。
トラブルの電話なりすぎて、スマホ壊したい。
解決するまで気が休まるタイミングゼロ。

04月:講師業と出会い

主催者の知識ゼロ。
セミナーの受付で参加条件の書籍を持参してないことを指摘され、
帰ろうかなと思う。

08月:異世界 メルマガ大学参加

参加者は主に女性。
起業か同士でツーショット写真を撮影する。
異文化すぎて、だいぶびっくり。

09月:デトックス挑戦

とりあえず、何から何まで怪しい。

揃えたように、ネガティブですよね 笑
振り返ってみてびっくり。

でも、これを振り返ってみるると、
こうなります。

[インパクトが大きいトピックス]+感想+振り返り

03月:会社員時代、だいぶ焦ったトラブル発生

まじで逃げたい。
トラブルの電話なりすぎて、スマホ壊したい。
解決するまで気が休まるタイミングゼロ。

結果として、
そのトラブルを乗り越えたことで自信とスキルが付き、
独立の手応えへ。

04月:講師業と出会い

主催者の知識ゼロ。
セミナーの受付で参加条件の書籍を持参してないことを指摘され、
帰ろうかなと思う。

新しいコミュニテに参加することに。
8月のトピックのメルマガ大学も、
このコミュニティで知る。
講師業という新しいステージ獲得。

08月:異世界 メルマガ大学参加

参加者は主に女性。
起業か同士でツーショット写真を撮影する。
異文化すぎて、だいぶびっくり。

半端じゃない実力者の方々と知り合いになれる。
自分のメルマガリスト1,000獲得できる。
起業についての知識を学べた。

09月:デトックス挑戦

とりあえず、何から何まで怪しい。

今一番時間を使うものに。
健康問題はひとまず解消。
(家族の将来的な健康問題も多分解消)
ボディメイクもちょっと成功
(体重4キロ下がり、体脂肪率も下がり、筋肉量は上がった)

これも揃えたように、
きれいに反転 笑

前置きが長くなりましたが、
何が言いたいかというと、

「それがチャンスかどうかは、
その時はわからない」

ということですね。
「チャンスはチャンスの顔してない」
って、

誰かが言っていたことですが、
本当に名言だと思います。

「私チャンスやで〜〜」
って感じでわかりやすく来てくれれば
いいんですけどねー笑

どうすればチャンスを掴めるか

crowd

100%の方法論があれば
簡単なんですけどね。

残念ながら、そういうものはなさそうです。
けど、ヒントになりそうなものは
見つけましたよ。

それは、

大枠としての、自分の人生の方向性を持っている(自覚している)こと

が、大事です。
ちょっと、バクっとしていますね笑

どういうことかというと、
「こうなりたい」、「こうしたい」という、
大枠の方向性がないと、

その時、それ(チャンスらしきもの)
に向き合うかどうか?
のジャッジができないんですよね。

例えば、自分だと、

「お金を空気にする」
とか

「値札を見ないで、気持ちで選びたい」
とか、

そういうことが大枠の人生の方向性です。

ざっくりいうと、
お金を気にしないで、やりたいこと、
やるべきことができる人生にしたいんですよね。

それが選択の基準です。

これを持っていると、
それに近づくかどうか?」が、
物事を判断する基準になってくれます。

もう一つ大事なこと「向き合う」

Shadow

基準を持っていることが大切ですが、
それと同じくらい、
大事なことがもう一つあります。

それは、「向き合う」っていうことです。

トラブルや、何かのきっかけや、
出来事は何でもいいのですが、

しっかりそれに向き合って、
対処することが重要かなと。

対処するっていうと、
大げさですが、
行動する、ちゃんとやる、

って感じですかね、
イメージは。

まとめていくと、
「行動しないと始まりませんよ」
っていうところにいきつきますが 笑

と、これに関して、
一つご紹介したい文章があります。
なぜだか、ずっと覚えているんですよねー、これ。

Connecting The Dots
(点と点をつなげ)

有名なので、
知っている方も多いかもしれないですね。

アップルコンピューターの創業者である
スティーブ・ジョブズ氏の

スタフォード大学の
2005年の卒業式でのスピーチです。

原文も、掲載しておきますね。

you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever.
This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。
何かを信じ続けることだ。直感、運命、人生、カルマ、その他何でも。
この手法が私を裏切ったことは一度もなく、そして私の人生に大きな違いをもたらした。

スティーブ ・ジョブズ・スタンフォード大・卒業式スピーチ・2005年

いい言葉ですよねー。

これについて、
プラスで思うことがありまして。

それは、
「ちゃんと点にしておかないと意味がない」
っていうことです。

過去を振り返ってコネクトするにしても、
過去の出来事がしっかりドットに
なっていないと、

つなぐに繋げないですからねー笑

だから、その時は何が何だか
わからなくても、

しっかり向き合って、
人生に点を打っておっことが
大事だなと。

まとめ -結局どうしたらチャンスを掴めるのか-

なんだかんだ長くなってしまいました。
チャンスを掴むために、
どうしたらいいか?をまとめてみます。

①人生の方向性を決める
②それに近づくかどうかで判断してみる
③判断したら、向き合ってやってみる

っていう感じですね。
サラッと書きながら思いましたが、

「人生の方向性を決める」

って、結構難しい作業ですよね 笑
「ゴールを見つけることが人生だ」

みたいな格言を
残している偉人もいるくらいですし笑
これについては、また別に記事にしますね 笑

さいごに

空と砂漠

以上、
どうしたらチャンスを掴めるのか?
について、書いてみました。

当初サラッとした記事に
しようと思っていたのですが、
なんだかんだで長くなってしまいました笑

チャンスって、難しいですよね。
その時はそれがチャンスかどうかって、
本当に分かりづらいので。

どれに挑戦するかジャッジするにも、
自分の方向性を分かっていることって、
やっぱり大事ですね。

でも、それを見つけるのがまた難しそうですが。
鮮度が高い自分でありたいですね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。